剪定について

剪定とは、樹木の生育や結実を調整したり、樹形を整えたりするために枝の一部を切り取ることです。
剪定を行わずに放っておき、庭木が育ちすぎると、病害虫の発生に繋がったり、庭木同士で栄養を取り合い枯れてしまう、木の下に生えている植物が採光性の悪化により育たなくなる、などの悪影響が出ます。
何より見た目にもよくありませんね。

お庭の庭木は、きちんとお手入れされていますか?
剪定のご相談はお気軽に庭吉までご連絡下さい。

剪定イメージ

剪定の時期など

剪定時期イメージ

剪定には、庭木の種類などにより最適な時期というのが決まっています。
この時期を外して行ってしまうと、花が咲かない、庭木への負担が大きく枯死に繋がることなどもあります。
一般的に、常緑樹であれば3~5月頃。落葉樹なら11~3月頃が目安でしょう。
ただし、樹木によりそれぞれ最適な時期は変わってまいりますので、現在の庭木の環境や天候なども考慮して決める必要があります。

また、樹木にあわせ、円錐形仕立て、玉仕立て、円筒形仕立て、円柱形仕立て、生け垣仕立てなど、ご要望に合わせ美しく形を整えさせて頂きます。

施工実績

熊本県熊本市 N様宅

施工前

施工前

arrow01
施工後

剪定 施工後

施工後 庭内部
施工後 庭内部
施工後 庭内部
施工内容・期間
施工内容 冬季剪定
施工期間 1週間
ポイント この庭はマキ
お庭に関することならお気軽にお問い合わせ下さい